白衣を着た男性

New Posts

早めに発見と治療を

白衣の男性

男性にしかない生殖器として、前立線が挙げられます。これは前立線がんになる可能性を秘めていますので、見つかったときには転移をしてい中を含めてしっかり確認と治療をする必要があります。

More...

オススメ記事

排尿がおかしかったら

落ち込んでいる男性

前立線がんは排尿についての異常があった場合に知ることになります。また、骨に転移する可能性もあり、それは排尿についてではなく、腰の痛みなどで気づくこともあるでしょう。

More...

がんの種類と注意点

人間は様々な病気にかかる可能性があります。生きていると、小さな病気から大きな病気まであり、中には死にいたるような病気もあります。しかし、それらの病気というのは、治療をして治すこともできます。病気によって変わってきますが、早期治療であれば在るほど完治しやすいものが多いので、身体に異常があればすぐに病院へ行き、発見と治療をすることが大切になってくるのです。特に多くの日本人が抱えている病気の1つとして、がんが挙げられます。がんは様々な箇所に発症する可能性があります。更にその中で、男性特有の前立線にかかる前立線がんというのがあるでしょう。これは症状が出にくい病気でもあり、もし症状があったとしても気づき辛いものなので、発見へと繋がらないことも少なくありません。早期に発見をするためにも、日頃から異常がないかの意識をすることが重要になってきます。

前立線がんは転移をするおそれがあります。その場所はリンパ節や骨などがあります。実は、前立線がんで一番恐れられているのは前立線がんそのものではなく、転移なのです。なぜなら、骨に転移をすると、その時点で治療が難しくなってくるからです。そのため、前立線がんにかかると、転移していないかどうかの検査も同時に行ないます。これは放射線を利用した治療方法などを行なうことで、発見へと繋がっていきます。もちろん、前立腺がんが見つかった時点で転移をしていない場合もあります。しかし、がんが進行していくなかで、次第に転移をする可能性もあるので、注意していきましょう。

特集記事

わかりづらい症状

男性医師と患者

前立線がんは見つけづらい病気だと言われています。実際にかかっていたとしても、何も症状が出ない場合があります。しかし、知らないうちに転移が進行している可能性もあるので、ちょっとでも異変があれば病院へ行きましょう。

More...